生活ニュースの編集サイト!

日々の生活の出来事に対応策を載せます。

    日々の出来事を報告しています。


    2021年2月12日には日本国内向けのアメリカのファイザー製ワクチンの第1便が、ファイザーの製造工場のあるベルギーから千葉県の成田国際空港に、旅客機による貨物便(ボーイング787-9)で到着した。輸送はCOVID-19流行以前から定期就航しているANAが担当した。第2便は2
    314キロバイト (37,524 語) - 2021年10月11日 (月) 12:04



    (出典 www.nishinippon.co.jp)



    1 haru ★ :2021/10/16(土) 00:03:43.46

    モデルナ製の新型コロナワクチンを接種した若い男性に、ごくまれに心筋炎などがおきるとして、
    厚生労働省の専門家部会は、若い男性に情報提供した上で、2回目の接種はファイザー製に切り替えることも可能にすることを決めました。

    専門家部会は、モデルナ製のワクチンについて、ファイザー製と比べると、10代と20代の男性で接種後の心筋炎などが疑われる報告の頻度が明らかに高いとして、
    1回目にモデルナ製を打った場合、「2回目はファイザー製も選べることとする」としました。

    心筋炎などが疑われる報告は、ファイザー製では10代男性で、100万人あたり3.69件、20代男性で、9.62件で、モデルナ製では10代男性で、28.83件、20代男性で、25.65件でした。

    なお、接種後の心筋炎はごくまれで、軽いことが多い上、新型コロナに感染して心筋炎が発生する頻度より低く、コロナ後遺症なども防げるため、
    専門家部会は、ワクチンのメリットがリスクを上回ると強調し、「全ての年代で、接種体制に影響を与える重大な懸念は認められない」としています。

    厚労省は、心筋炎などの情報をリーフレットなどで提供する方針です。


    2021.10.15 17:10
    https://www.tsb.jp/news/nnn/news91kgy48ggc3ddw7743.html

    【ワクチン】1回目モデルナ 2回目ファイザー、会場間違え 異なるワクチンを誤接種 [haru★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1628673674/

    【ワクチン】アイスランド、全年齢でモデルナ製ワクチン接種を中断 ★22 [haru★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1634085099/

    【在庫処分】ワクチン使用期限迫る 廃棄を避けるためにも、速やかな接種を 医師「若い人の接種が全然少ない」 ★7 [haru★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1634175205/

    【ワクチン】集団接種会場で男女5人が倒れ救急搬送、痙攣や血圧低下のショック反応 命に別状なし ★7 [haru★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1634010588/

    【コロナ】感染者がさらにワクチンを打つことで「ハイブリッド免疫者」に あらゆる変異株を無力化梁 ★2 [haru★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1631518993/

    前スレ
    【ワクチン】1回目モデルナでも、2回目ファイザー製可能に 「重大な懸念は認められない~」 ★2 [haru★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1634296864/


    【【ワクチン】やっと安心できる。!1回目モデルナでも、2回目ファイザー製可能に 「重大な懸念は認められない~」】の続きを読む


    医療従事者(いりょうじゅうじしゃ、英語: health professional、health care practitioner)は、医療(いりょう、英語: health care)に従事するを指す(※雇用・契約関係の有無は問われない)。 医師・歯科医師・助産師など独立業務を行う
    6キロバイト (813 語) - 2021年8月23日 (月) 02:45



    (出典 solasto-career.com)


    医療従事者資格を持つ従業員ボランティアが支える職域接種
    https://www.jnj.co.jp/caring-and-giving/workplace-vaccination



    1 水星虫 ★ :2021/11/13(土) 10:27:13.69

    新潟市内で医療従事者が一斉ストライキ コロナ禍の窮状訴え

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20211112/1030018933.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    労働条件の改善をめぐり、労働組合と病院側との交渉が決裂した看護師などが、
    新潟市内の4か所の病院などで一斉にストライキを行い、コロナ禍の現場で
    「賃金に見合わない激務が続いている」と窮状を訴えました。

    このストライキは、「新潟勤労者医療協会」など3つの法人が経営する病院や薬局、
    介護施設などで勤務している看護師や薬剤師、介護士などが12日午前8時半から1時間、
    新潟市内4か所の病院などで一斉に行いました。
    3つの法人の労働組合にはあわせて700人あまりが所属していて、組合側は昨夜、
    法人の経営側と冬の一時金の上積みを求めて団体交渉を行いましたが、認められなかったため
    12日朝、20年ぶりのストライキの決行に至りました。

    新潟市秋葉区の「下越病院」には、看護師などおよそ50人が集まり、
    コロナ禍で負担が増す医療現場の窮状を訴えました。
    具体的には「通常診療と新型ウイルス対応が重なり退職する人も増える中、
    残された少ない人数で夜勤に追われている」とか、
    「スタッフを増やせないなら、せめて賃金を上げてもらわないと働く意欲が上がらない」
    などと話していました。
    このあと参加者たちは、「団結」と書かれた籏を掲げて「頑張ろう」と三唱し、
    引き続き一時金の上積みを求めていく姿勢を示しました。

    新潟民医連労働組合羽賀泰子書記長は「国や自治体は、医療従事者などが非常にひっ迫した状況の中、
    厳しい給与条件で働いていることを知ってほしい」と話していました。

    一方、経営者側の新潟勤労者医療協会の大谷克則専務理事は
    「なるべく要求に添えるよう努力しているが十分、応えられことができず残念だ。
    国の責任で医療や介護、福祉分野の賃金を上げるという施策を進めてもらえないと内部の努力だけでは
    限界があり、このままで地域医療が守れない」と話しています。

    11/12 17:46


    【新潟市内で医療従事者が一斉スト(1時間) 「賃金に見合わない激務が続いている」 「せめて賃金を上げてもらわないと働く意欲が上がらない [水星虫★]】の続きを読む


    心筋炎(しんきんえん、英: myocarditis)は、感染症、中毒あるいは原因不明の心筋の炎症性変化。無症状のものから発熱、頻脈、呼吸困難などの臨床症状を示すものまである。特に急性心筋炎(acute myocarditis)は、特異的所見に乏しい上に急性の転帰をたどることから、臨床上重要である。大
    5キロバイト (598 語) - 2021年3月14日 (日) 22:59



    (出典 nkoya.jp)



    1 haru ★ :2021/10/16(土) 01:35:46.00

    (コミナティ筋注)改訂案

    15.1.2

    接種開始後の国内副反応疑い報告における心筋炎、心膜炎の報告率と、国内の医療情報データベースを用いて算出した一般集団から推測される心筋炎、心膜炎の発現率とを比較したところ、

    他のコロナウイルス修飾ウリジン RNA ワクチン(SARS-CoV-2)接種後の若年男性で頻度が高いことが示唆された。


    (モデルナ筋注)改訂案

    15.1.2

    接種開始後の国内副反応疑い報告における心筋炎、心膜炎の報告率と、国内の医療情報データベースを用いて算出した一般集団から推測される心筋炎、心膜炎の発現率とを比較したところ、

    本剤接種後の若年男性で頻度が高いことが示唆された。


    2.経緯

    ○新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎(以下「心筋炎等」という。)疑い事例については、これまで合同部会において、国内の副反応疑い報告の状況や海外における報告状況に基づき、
    継続的に議論を行うとともに、厚生労働省のウェブサイト(Q&A)や添付文書により最新の情報の周知や注意喚起を行ってきた。

    ○国内の医療情報データベース(NDB:レセプト情報・特定検診等情報データベース)を用いて算出した一般集団から推測される心筋炎等の発現率と比較して、
    COVID-19 ワクチンモデルナ筋注(以下「モデルナ筋注」という。)接種後の副反応疑い報告において若年男性(10 代及び 20 代)の副反応報告率が高い傾向にあることが示唆された(資料1-1-1)。

    ○また、今般、カナダ(オンタリオ州)及び北欧諸国の一部において、若年男性におけるモデルナ筋注の使用が停止又は非推奨となる等の対応が行われたとの報道がなされている。

    ○現時点での情報を踏まえ、コミナティ筋注及びモデルナ筋注の添付文書において、若年男性に係る心筋炎等の報告頻度が高いことについて情報提供を行ってはどうか。


    2021/10/15
    https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000843701.pdf


    【【厚労省】心筋炎に注意喚起!新型コロナワクチンの添付文書を改訂へ 「接種後の若年男性で心筋炎、心膜炎の頻度が高いことが示唆された。」】の続きを読む

    このページのトップヘ